ビタミンCと塩分補給で熱中症を予防する「アセローラ&ソルト」タブレット

製品・技術

(株)スリーアップ(東京都渋谷区) は、沖縄県本部町のアセロラと宮古島の塩を使用した「沖縄県産アセロラ&ソルトタブレット」を5月12日“アセローラの日”に合わせて販売を開始する(550円(税込)/30錠)。年々増加傾向にある熱中症対策として、屋外イベントやスポーツ、海水浴、炎天下での作業等の場面で、塩分をスピーディーに摂取できるチュアブルタイプのタブレットに仕上がっている。
アセローラは1粒でレモンの5個分のビタミンCが含まれ、その他、葉酸、カリウム、βカロテン、アントシアニンなど、美容や健康に優位な成分を数多く含有する。その一方で果皮が傷みやすいデリケートな果実で、収穫量が他の果実に比べて低いため、収穫地でさえ店頭に並ぶことは稀だという。同社では、SDGsの理念に賛同する取り組みの一環として、今回規格外果実や通常破棄されるビタミン量豊宮なアセローラの種子を有効活用して商品化した。さらに通常取り除かれるニガリ分を凝縮し、14種類もの成分やミネラルが豊富に含まれた宮古島の地下海水から採れる海塩も配合している。商品は通販サイトなどで販売していく。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー









TOP