BEAUTYからSDGsを考える「BEAUTY SDGs WEEK powered by @cosme」

企業戦略

(株)アイスタイル(東京都港区)は4月14日~27日、「BEAUTY SDGs WEEK powered by @cosme」を開催する。『BEAUTYからSDGsを考えよう』をテーマに、美容業界におけるサステナブルな活動の認知の向上を図るとともに、SDGsの関心層の拡大を目的としている。

同社では6日、「istyle SUSTAINABILITY」として、①Quality of Life(for 生活者)、②Beautyful Earth(for環境)、③Hand in Hand(forバリューチェーン)を掲げ、グループ全体でサステナブルな取り組みを強化すると発表。グループ内の環境や働き方はもちろん、「@cosme」や「@cosme SHOPPING」、「@cosme STORE」、「@cosme TOKYO」など、運営するプラットフォームを通じて、情報発信や意識啓発活動に取り組むとしている。「BEAUTY SDGs WEEK powered by @cosme」もその一環として実施する。

期間中は特設サイトを設置し、SDGsに関して特徴的な取り組みを行うブランドを紹介する他、生活者の意識調査などの情報も発信。ECサイトでは、イベントの主旨に賛同するブランド商品を対象に10~20%のポイントバックキャンペーンなどを行う。また「cosme TOKYO(原宿)」では、使用済みの化粧品容器の回収を行い、持ち込んだ人には化粧品サンプルをプレゼント。回収された容器は固形燃料の材料や文房具にリサイクルされる。

4月20日には化粧品ブランド向けポータルサイト「@cosme for BUSINESS」では、「先進ブランドに学ぶ 今美容ブランドがアクションを起こすべきSDGsとは」をテーマに、ウェビナーも実施する。

今年3月に@cosmeメンバーに実施した上記アンケート結果からも、美容におけるSDGsやサステナビリティへの意識はまだまだ低いことが伺える。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー









TOP